【2024年版】ラーメン屋向け新紙幣対応券売機の完全ガイド【補助金は使える?】

【2024年版】ラーメン屋向け新紙幣対応券売機の完全ガイド【補助金は使える?】その他
この記事は約12分で読めます。

こんにちは。IT解決コラム編集部です。

既に多くの方がご存知かと思いますが、日本銀行は2024年7月3日に新紙幣の発行を開始する」と発表しました。紙幣の刷新は2004年以来20年ぶりとなります。

飲食業界の中でも、特にラーメン店は券売機を利用して会計を自動化していることが多い業種。新紙幣対応券売機の導入を検討し、以下のように悩まれている方も多いのではないでしょうか?

  • 新紙幣対応券売機への買い替え費用をできるだけ抑えたい!
  • 券売機導入に補助金や助成金は利用できる?
  • 買い替えのタイミングでキャッシュレス決済対応も同時にしたほうがいい?

Xで調べてみると、既に買い替えているお店もありましたが、買い替えへのコストを懸念する投稿もありました。

そこで今回は、ラーメン屋のオーナー様向けに補助金も使える新紙幣対応券売機についてご紹介いたします。

【新紙幣対応】最新セルフレジ・タッチパネル型券売機|最大350万円の補助金
業界最安値のセルフレジを最大350万円のIT導入補助金を活用してさらにお得に導入。スムーズな決済で人手不足・人件費を削減。飲食店・小売業・ホテル・レジャー施設等で多くご利用いただいております。

株式会社MJE
「ワークプレイスをより良くすることで企業の成長に貢献する」をミッションとして、複合機、セキュリティ、ネットワーク等、オフィスに必要な様々な商品を取り扱っております。全国16,000社以上の導入実績と豊富なノウハウをもとに、事業を加速させる最善策についてご紹介します。

そもそもなぜ新紙幣になるのか?

そもそもなぜ新紙幣になるのか?

まず新紙幣対応の券売機について話す前に、なぜ新紙幣に切り替わるのか、新紙幣が発行される理由をご紹介します。

最も大きな理由は「偽札防止・偽造防止」と「ユニバーサルデザイン」のためです。新しい紙幣に搭載される偽造防止技術とユニバーサルデザインを紹介します。

偽造防止手段

パソコンやプリンターの高性能化により、精巧な偽造が施された偽札が大量に発行される問題が起こっています。警察庁が発表した「偽造通貨の発見枚数」によると、令和元年からの3年間で毎年2,000枚以上の偽一万円札が発見されています。

世界の通貨と比較しても、日本の旧紙幣の偽造防止技術は十分に高度ですが、さらに偽造を困難にするため、より高度な技術が採用される予定です。

偽造防止手段①:3Dホログラムを採用

新紙幣は、傾けると肖像が立体的に動いて見える3Dホログラム技術が採用されます。この技術の銀行券への採用は世界初です。詳しくはこちらの動画をご覧ください。

広報官室国立印刷局「3Dホログラム(一万円)」

偽造防止手段②:高精細すき入れ(すかし)を採用

「すき入れ」とは、紙の厚さを変えることで模様や文字を表現する技術です。

新紙幣のデザインには、現行のすき入れに加えて、新たに高精細なすき入れ模様が採用されています。肖像の周囲に、緻密な画線で構成した連続模様が施されています。

ユニバーサルデザインの採用

年齢や障害の有無にかかわらず、誰もが使いやすいように、ユニバーサルデザインが採用されています。
新紙幣のユニバーサルデザインの特徴は以下の通りです。

  • 指で触って券種を識別できるマーク
  • 額面数字(アラビア数字)の大型化
  • ホログラム・すき入れの形・配置

ここまでの説明で、「新紙幣についてはある程度理解できたが、新しい券売機へ買い替える予算が心配…」と考えるオーナー様もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなとき、「補助金」の活用によって費用の負担を軽減できます

券売機の導入には、IT導入補助金が活用可能

券売機の導入には、IT導入補助金が活用可能

ラーメン店のような小規模事業者は、IT導入補助金を利用することで導入にかかる経費の一部を補助金でカバーできます。

IT導入補助金とは

IT導入補助金とは、様々な経営課題を解決するためのITツール導入を支援するための補助金です。法人・個人問わず中小企業・小規模事業者の方が対象です。資本金または従業員数に制限があります。

新紙幣対応のためのシステム交換は、IT導入補助金の「通常枠(A・B類型)」「デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)」に該当します。

通常枠(A・B類型)の上限・下限額と補助率について

種類A類型B類型
補助額5万~150万円未満150万~450万円以下
補助率1/2以内1/2以内
※A類型の補助金額の下限が「30万」から「5万」に引き下げられました。
※クラウド利用料が1年から「2年」に期間を長期化されました。

通常枠(A・B類型)は、「ソフトウェア製品」や「クラウドサービス」に適用でき、ITツールにかかる費用の1/2が申請できます。

デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)の上限・下限額と補助率について

種類デジタル化基盤導入類型
補助額ITツール(会計・受発注・決済・ECソフト):(下限なし)~350万円
①内、~50万円以下 ②内、50万円超~350万円
PC・タブレット等:~10万円
レジ・券売機:~20万円
補助率ITツール(会計・受発注・決済・ECソフト)
①3/4以内 ②2/3以内
PC・タブレット等:1/2以内
レジ・券売機:1/2以内

デジタル化基盤導入類型とは、会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトに加えて、パソコン・レジ・券売機等のハードウェア導入費用の一部を補助する制度です。ITツールにかかる費用の最大3/4が申請できます。

※ハードウェア導入費の補助は1/2です。

2023年からは補助限度額の制限が撤廃され、安価なITツールも補助対象に含まれるようになりました。

具体的なレジ導入の補助金額については、「補助金シミュレーター」を利用して、機能数とソフトウェアの金額を入力することで簡単に計算できます。ぜひ確認してみてください。

「IT導入補助金」について以下の記事で詳しく解説しておりますのでぜひご覧ください。

申請すれば全員もらえるの?

IT導入補助金は申請すれば必ず受給できるものではありません。申請者が作成した「事業計画書」をもとに採択審査が行われ、審査に通過した人のみが補助金を受けられます。

また、券売機であればどれでもいいわけではなく、補助対象となる券売機を選定する必要があります。

補助金申請を検討している場合は、お早めにご相談を!

券売機自体を使用するだけなら、最短で1か月前でも間に合う可能性があります。しかし、キャッシュレス決済を利用する場合は加盟店審査もありますし、さらに補助金を申請する場合は申請業務にも時間がかかります。

また、ほとんどの補助金には申請期限が設定されていますので、早めのご相談がおすすめです!

当社では券売機に関するご相談を無料で承っております。最大350万の補助金でお得に導入できる券売機のご紹介や無料の補助金申請サポートも行っておりますので、少しでも気になった方やご質問のある方はお気軽にご相談ください。

キャッシュレス決済で、お店とお客様の双方の利便性が向上

キャッシュレス決済で、お店とお客様の双方の利便性が向上

キャッシュレスに対応した券売機・セルフレジを導入することで、お店とお客様の双方にとってメリットがあり、Win-Winな関係が生まれやすくなるでしょう。

以下に、お店とお客様それぞれの主なメリットをご紹介します。

お店側のメリット

  • お店の売り上げをリアルタイムで確認できる
  • Excelなどアナログで売上管理をする必要がなくなり、管理を簡易化できる
  • 売上データを日別・曜日別・商品別などで分析できる
  • 「freee」や「クラウド会計」などの会計ソフトと連携することで、確定申告時の負担も大幅に減少
  • クレジットカード決済やQR決済を利用したい顧客を逃さず獲得できる

お客様側のメリット

  • 現金を持ち歩かなくていい
  • 現金に直接触れる機会が減るため衛生的
  • 支払い額に応じてポイントが獲得できる

新紙幣発行のタイミングでキャッシュレス決済対応のお店が増える?

Xで調べてみると、「新紙幣発行をきっかけにキャッシュレス決済対応の店舗が増える」と予想する投稿や、キャッシュレス対応を期待する投稿が見つかりました。

今後、ラーメン屋も「キャッシュレスが当たり前の時代」が来ると予想

新札の発行が注目を集めていますが、現金を持ち歩かない人が増えていることもあり、キャッシュレス化は国際的にも今後さらに進展するのではないでしょうか?

筆者の実感としても、最近では現金を使用する機会が減っていると感じます。経済産業省は2025年までにキャッシュレス決済比率を4割程度にするという目標を掲げていることから、ラーメン店も「キャッシュレスが当たり前の時代」が来ると予想しています。

また、コロナが第5類に移行し、最近では外国人観光客の姿も頻繁に目にするようになりました。増加が見込まれているインバウンド客を迎えるために、キャッシュレス対応だけでなく多言語対応(日本語、英語、中国語、韓国語)のメニュー表示を行うことで、一歩進んだインバウンド対策が可能になります。

最新の券売機・セルフレジを導入すれば、新紙幣対応、キャッシュレス対応、多言語対応の3つに対応でき、幅広い客層にアプローチができます。

乗り遅れないためにも、新紙幣への切り替えのタイミングに合わせて最新の券売機・セルフレジに乗り換えるのも1つの手です。

実際の導入事例をご紹介

実際の導入事例をご紹介

券売機・セルフレジを実際に導入いただいたお客様の声をご紹介します。

率直に言うと「便利でしかない」私にとって、無くてはならない存在です。

店舗のオープンに合わせて(従来の)券売機も検討しましたが、インボイスなどの今後のことも考えてセルフレジの導入を決めました。実際に導入してみて、営業前に私がやることはお釣り金の準備をすることとレジの開局作業をするだけで、あとは注文も会計もお客様がやってくださいます。一人で営業している私にとって、注文や会計をする時間はないのでとても助かります。セルフレジを導入して正解でした!

一人で営業している中で忙しくなってくると、どうしても経営的なところに手が回らなくなりがちですが、売上の管理やどの商品がいくつ売れているかなどの分析ができるのでとても便利です。それに、その分析データを携帯のアプリでさらっとで見ることもできます。売上データを自分なりにグループ分けすることができるので、見たいデータだけ見れるのもいい点ですね。

業種:ラーメン屋 課題:省人化、売上分析

キャッシュレスの需要が思っていた以上にありました!新メニューの管理も簡単です。

うちのお会計方法は圧倒的に現金が多いと思ったので、現金決済に対応できるよう自動釣銭機を導入しました。ですがオープンからしばらく経つとキャッシュレスで決済される方の多さにびっくりしてます!電子マネーやQR決済ではスピーディーに決済できますし、お釣りを準備する頻度も少なくなるのでとても助かってます!キャッシュレスは必須ですね。

売上やメニューの編集は私の弟が管理してくれています。新メニューの考案~商品化まではかなり拘っているんですが、管理画面からメニューの登録や画像の設定などが一括して行えるのでとても便利です。また、リアルタイムでの売上確認機能がPCとモバイルで確認できるのも素晴らしいですね。

業種:定食屋  課題:キャッシュレス、メニュー管理

お客様が注文から会計までをやってくれるのでとても助かります。

ランチタイムは多くのお客様に来店していただくので忙しくなり、どうしても人手が足りなくなります。スタッフを雇ったりもしてますが、どうにかできないかと考えていたときに、このセルフレジを見つけました。注文から会計までを全てお客様自身でやっていただけるので、より美味しい料理の提供に集中できますし、お金の管理までしてくれるので締め作業もかなり楽になりました。お金を触らないので衛生的にもいいですね。

最初は不安でしたが、導入時や設置時に営業や設置の方に細かい点まで説明いただき、安心して導入できました。設置後は飲食店の営業時間に合わせたサポート対応時間なので、営業中のちょっとした使い方の問い合わせや、トラブルも対応していただけるので助かってます。朝から晩まで問い合わせできるのは安心感がありますね。

業種:ステーキハウス 課題:客単価、オペレーション効率化

まとめ

ラーメン屋向け新紙幣対応券売機の完全ガイド

いかがでしたでしょうか?本日は、ラーメン屋を経営されているオーナー様向けに新紙幣対応券売機についてご紹介させていただきました。

新紙幣発行の直前直後には注文が急増する可能性があります。この記事を執筆している2024年1月の時点では、発行まであと半年です。早めの導入が、お客様の取りこぼしを防ぐために重要です。

先ほどご紹介した「IT導入補助金」も利用できますので、目的や予算に合わせて適切な方法で対応しましょう。

最後に、株式会社MJEではセルフレジや券売機に関するご相談を無料で承っております。店舗の規模やご状況に合わせた最適なご提案をさせていただければと考えております。ご興味のある方やご質問のある方はお気軽にお問い合わせください!

ご質問・ご相談のお電話は「0120-923-685」宛に「セルフレジのサイトを見た」とお伝えください。
受付時間平日10:00~18:00 (土・日・祝、当社休業日を除く)

【新紙幣対応】最新セルフレジ・タッチパネル型券売機|最大350万円の補助金
業界最安値のセルフレジを最大350万円のIT導入補助金を活用してさらにお得に導入。スムーズな決済で人手不足・人件費を削減。飲食店・小売業・ホテル・レジャー施設等で多くご利用いただいております。

    お問い合わせ
    弊社のプライバシーポリシーにご同意いただくものとします。事業者様向けのフォームとなっておりますので、一般の方からのお問い合わせはご遠慮ください。
    MJE@最高のオフィスづくり
    MJE@最高のオフィスづくり

    オフィス機器やネットワークに関する情報を発信します。オフィスのあらゆる課題を解決する株式会社MJE(エム・ジェイ・イー)のコラム記事です。

    MJE@最高のオフィスづくりをフォローする

    ※ 記載されている会社名および商品名は各社の商標もしくは登録商標です。
    ※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

    資料ダウンロード
    その他
    この記事をシェアする
    MJE@最高のオフィスづくりをフォローする
    中小企業のためのIT解決コラム
    タイトルとURLをコピーしました